のぼりの取り扱い方法

心を込めて作成したのぼりを少しでも長く使用するためには、丁寧なお手入れが欠かせません。

しかし、意外と作成した後はお手入れ方法が分からずに、そのままなんのお手入れもせずに長期間使用している人も多いようです。

なるべく洗濯をせずに手洗いをし、その際にはぬるま湯で洗い、洗ったらすぐに干すようにしましょう。

洗濯して水につけたまま放置しておくと、色落ちの原因になってしまうので、気をつけましょう。

お金をかけて作成した立派なのぼりも、間違ったお手入れ方法で、すっかりと姿を変えてしまったなどということのないように、くれぐれも慎重に正しいお手入れ方法を心がけるようにしましょう。

アイロンをかける時には、当て布をしてあまり高温にせず、中温くらいに設定してかけましょう。

のぼりを使用しない時には、一枚ずつ丁寧に丸めて、日の当らないなるべく涼しい場所に、新聞紙にくるんで大切に保管しておきましょう。

万が一汚れてしまった場合にはクリーニングに出す前に、こすらずに優しく手洗いをしてみてください。

生地によってもお手入れ方法は異なる場合がありますので、購入したお店で必ずお手入れ方法を確認をしましょう。

愛情のつまったのぼりを次の世代に引き継げるように、取り扱いは大切に行いたいですね。