のぼりとは

のぼりと聞いて、何なのかをすぐに思い浮かべられる人は、昔ほどいない気がしますが、実は、こののぼりは平安時代から存在していたものだと言われています。

簡単に言うと、旗のようなものであり、身近なもので例を挙げると、デパートなどの催事場の時に大売り出し、激安、限定発売などと描かれた、華やかなのぼり旗が立てられているのを見たことがあると思います。

また、歌舞伎や相撲などの場所でも活気を出すため、告知の意味合いも含め、立派なのぼりが多く掲げられています。

神社でも、お祭りや初詣の時には見かけることが多いのではないでしょうか。

もともとは戦の時に、自分の存在を周囲に知らせるために使用されていたものであると言われていますが、昔と今ではかなりのぼりの使用目的はだいぶ変わってしまいました。

しかし、何かを知らせるもの、目立つ存在であることを表すものとして使用されていることには、変わりありません。

インパクトがあり、一目で何を告知したいのかがすぐに分かるので、宣伝には大変効果的であるため、今でも多くの場所で愛され使用されているのです。

インターネットが普及した現代において、歴史のあるのぼりの伝統を今後も守り続け、引き継いでいってほしいと願う人も多いようです。